基板が動作しない!そんな時、リワークって解決できるのか?

リワークa 

リワークのサービスを行っているアート電子では

動作しない基板を何とかして欲しい、とお客様から

お送り頂き、様々な依頼をお受けしています。

 

もちろん我々の手元にお送り頂く前に、

お客様自身で原因を調べ、それを解決するために

ここをこうリワークして欲しい、という依頼を頂くのですが、

 

 

基板が動かない、回路が動かないといった基板を

早く動かせるようにするには、

 

一番発生確率の高い原因からつぶしていく方が、

解決への近道となります。

 

 

ということで、アート電子でこれまでお受けした

リワークに至ったトラブルの原因を調べてみました。

多い順に、下記の通りとなります。

 

 

原因① 実装不良(半田ブリッジ・未半田など)

原因② 乗数が合ってない(部品選定ミス・調整)

原因③ 基板不良(断線など)

原因④ 回路が間違っている

原因⑤ そもそもデバイスが不良

原因⑥ ノイズなど

 

※原因が複合的な場合もある

 

 

上記をご覧頂くとお分かり頂けると思いますが、

結局は実装不良によるものが多い、という事が

お分かり頂けると思います。

 

基板をリワークし、早く「復活」させるために、

ぜひ上記情報を参考にしながら原因を突き止め、

あるいは状況によっては類推し、解決への仮説を

立てていくことが必要となります。

 

 

やはりこの時に大事なのは、リワークに取り掛かる前に

基板が動作しない原因を切り分け、類推し、

それに対する解決の仮説を立てて取り組むことが

とても重要です。

 

 

次回は、基板をリワークし、復活させるために

押さえておかなければならないポイントを

お伝えしたいと思います。