アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービス

車載・産業機器用のインバータ回路・モータ回路・照明用回路等に使用されるアルミ・アルミコア基板のことならアート電子にお任せください。アルミ・アルミコア基板の性能を最大化させる放熱基板の開発・設計に精通した当社エンジニアがお客様をサポート致します。構想・仕様さえお聞かせ頂ければ、最適なアルミ・アルミコア基板を選定します。

アート電子のアルミ・アルミコア基板 設計・実装サービスのメリット

  • MERIT1

    アルミ・アルミコア基板の性能を最大化!設計段階から各種ご提案を行います

    アルミ・アルミコア基板は、一般的なプリント基板に比較すると基材自体の放熱性が高く、そのまま置き換えれば効果を見込めますが、さらに放熱性を高めるには、構造やパターン設計を最適化することが非常に重要になります。アート電子ではパターン設計の段階から放熱を考慮した設計、たとえば部品配置や銅箔厚・パターン幅の最適化を行うことで、アルミ・アルミコア基板の性能を最大限に活かす設計・仕様をご提案することが可能です。アルミ・アルミコア基板の設計・実装はアート電子にお任せください。

  • MERIT2

    アルミ・アルミコア基板に限らず、お客様のご要望に最適な放熱基板をご提案します

    アート電子では、これまで多数の放熱基板を手掛けてきた経験・ノウハウを活かし、発熱量・コスト・納期など、お客様の真のご要望をお伺いした上で、アルミ・アルミコア基板のみならず、銅インレイ基板・メタル基板など最適な放熱基板の選択・ご提案を行うことが可能です。最適な放熱基板の選定にお困りの方もお気軽に当社にご相談ください。

  • MERIT3

    放熱性が高いため、実装までを考慮した設計を行います

    アルミ・アルミコア基板は放熱性が高いといった利点を兼ね備えているが故に、実装不良の発生が懸念されることもあります。アート電子では、こういった実装工程までも考慮しつつ、最適なパターン・基板設計を行っています。最適なアルミ・アルミコア基板の選定はもちろん、プロファイルの最適化を行い、高品質な実装まで対応します。

こんなお悩みはございませんか?
アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービス 実際のご利用事例を紹介

ご相談内容:

アルミベース基板のアルミの部分全体を筐体に取り付けて放熱したいが、ねじが飛び出ているため取り付けできません。何かいい方法がございませんか。

アルミベース基板でも皿ネジ加工ができますのでネジの頭を基板内へ隠すことができます。皿ネジ加工を行うことで、フラットな面を作ることが可能ですので、アルミの部分全体を筐体へ取り付け放熱することができます。

teian1

ご相談内容:

アルミベース基板を使って回路の放熱を行いたいが、片面で配線ができません。両面板でも作成できますか。

両面基板でも作成可能ですが、アルミベース基板は片側に放熱用のアルミが取り付きますので部品の実装は片面だけとなり、スルーホールは樹脂埋めとなります。

teian2

ご相談内容:

アルミベース基板で部品実装面側から特定の部品(部分)をアルミへ直接接触させて放熱させたいのですが、良い方法はございませんか。

回路層と絶縁層をくり抜くことができますので、指定部分のアルミが露出します。放熱したい部分を接触させることができますので、部品実装面側から可能です。

teian3

アルミ・アルミコア基板 仕様

アルミ基板

サイズ 最大サイズ 320×490
板厚(t) 0.2、0.5、1.0、1.5、2.0、3.0、5.0
銅箔厚(μm) 35、70、105、140、200、300、400、500
(※これ以上の銅箔厚は別途ご相談ください。)
層数 片面
表面処理 フラックス、金フラッシュ

アルミコア基板

サイズ 最大サイズ 320×490
板厚(t) 0.5~3.0
銅箔厚(μm) 18~420
アルミコア厚み(mm) 0.8、1.0、1.5、2.0
絶縁層(PP) 0.038~0.2
層数 片面
表面処理 フラックス、金フラッシュ

※上記以外のカスタム対応もいたします。



アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービスに関する
よくある質問

これまでアート電子に寄せられたアルミ・アルミコア基板 設計・実装サービスに関するお問い合わせを纏めています。
アルミ・アルミコア基板について知りたい方、設計・実装依頼をご検討される方は、ぜひこちらをご覧ください。

  • 両面アルミコア基板の製作はできますか?

    はい、製作可能です。しかしながら、アルミは銅よりも膨張係数が高いので、悪影響を及ぼす可能性がございます。そのため、当社では、アルミコア基板よりも銅コア基板の使用を推奨しています。

  • 板厚2.0tのアルミ材の取り扱いはありますか?

    はい、ございます。板厚のラインナップは1.0t、1.5t、2.0tです。

  • 熱伝導率5w/mKのアルミベース基板の製作はできますか?

    はい、製作可能です。通常、おおよそ約0.3W/mK(FR-4)ですが、ご要望いただければ仕様をもとにアルミ材を選定させて頂きます。

  • アルミベース基板はどのくらい納期がかかりますか?

    少量であれば1~2週間程度となります。ご希望の基材を保有していない場合は、基材入手に数か月かかる場合もございます。

  • アルミベース基板で対応可能な表面処理を教えてください。

    フラックス、金フラッシュのみ対応可能です。鉛フリーはんだレベラーは対応不可です。(※レベラーを施そうとすると、見た目ではわかりませんが、液槽の中に微小のアルミが溶けてしまいます。アルミが溶けることにより、他製品へ影響を及ぼす可能性(リスク)がございますので弊社ではお断りしております。)

  • アルミベース基板で対応可能な銅箔厚を教えてください。

    35μ、70μの対応が可能ですが、それ以上の厚みでも実績がございますので、ご相談ください。

  • 他の金属基板とアルミ基板で価格の違いはありますか?

    アルミ基板は他の金属基板より安価で製作できます。

  • アルミベース基板で対応可能な絶縁層の厚みを教えてください。

    80μ、120μの対応が可能です。

  • アルミ基板のデメリットはありますか?

    アルミは銅よりも膨張係数が高いため、バリや半田クラック、絶縁層破壊などの懸念がございます。

  • 銅箔厚500μのアルミベース基板の製作はできますか?

    銅箔厚500μの製作実績はございますので、仕様にもよりますが、製作可能です。

  • 放熱の為、アルミ基板(アルミの板+FR4等)を使いたいと考えますが貴社は対応できますか。ピーク電流値は300A程度で、電圧は50V程度です。

    はい、対応可能です。
    ピーク電流値は500Aまで実績がございます。

  • どんな仕様のアルミ基板に対応できますか?

    基板外形は、320 ✕ 490まで、板厚は薄いもので0.2t、厚いものでは3.0t程度となります。
    また、銅の厚みは2,000μまで対応可能であり、LEDやパワーモジュール系のご依頼を頂くことが多くなっています。

アルミ・アルミコア基板に関する
技術コラム

アート電子は、アルミ・アルミコア基板開発技術のベストパートナーです

アート電子は、アルミ・アルミコア基板 設計・実装のほか、プリント基板の設計開発に関する様々なサービスを提供いたします。

  • 電子回路設計

    デジ・アナ・電源・特殊
    回路もお任せ

  • シミュレーションサービス

    シミュレーションにより、高品質な基板設計をサポートします

  • パターン設計

    確かな設計を
    スピーディにご提供

  • 基板実装

    部品調達から
    お任せください!

  • 試作

    土日祝も実装で短納期を実現

  • 組み立て

    設計・製造・組立まで
    一貫対応!

  • 基板改造基板改修

    1台でも、100台でも
    お任せください

  • リワーク

    実装基板から回路図を
    作成!

  • フレキシブル基板

    仕様提案〜設計・実装まで、最短納期でご提案

  • リジットフレキシブル基板

    基板の薄型化・小型化・コネクタレスはおまかせ

  • 厚銅基板 設計・実装サービス

    厚銅基板が必要な大電流基板もおまかせ

  • 放熱基板 設計・実装サービス

    放熱性とコストを考慮し、設計段階からご提案

  • アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービス

    アルミ・アルミコア基板の設計から実装まで一貫対応!

アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービス お問い合わせフォーム

アルミ・アルミコア基板 設計・実装サービスについてご質問、お問い合わせについてお気軽にご相談ください。
下記フォームにご記入いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。
(必須は入力必須項目となります。)

御社名必須
ご担当者お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
住所


図面枚数必須
ご希望納期必須
ご予算イメージ
お問い合わせ必須
図面(データ添付) ×

添付可能形式(拡張子):gif, jpg, jpeg, png, zip (Office系、文書ファイルなどはzip形式に圧縮してご利用ください。)
容量の上限を5Mバイトとさせていただきます。
それ以上の図面については、お問い合わせ内容欄に容量を記載の上、お問い合わせフォームより送信いただけますよう、お願いいたします。
別途、弊社担当者よりご連絡させていただきます。

弊社の個人情報のお取り扱いにご同意いただける場合は、「同意する」にチェックの上、[送信]ボタンを押してください。

 

プリント基板に関するお問い合わせは右記事業所まで
053-439-7411
電話受付時間 8:30~17:30(土・日・祝祭日を除く)

メールでのお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求