We have limitles potential

プリント基板試作開発設計

プリント基板設計の回路設計から実装まで最短で。
国内トップクラスの技術力でお応えします。


もう依頼先を振り分ける余分な手間はいりません。
アート電子株式会社では、プリント基板や回路設計から実装まで、すべてまとめてお受けいたします。
私たちの使命は開発者様をプリント基板の設計・実装と依頼先を振り分ける無駄な時間から解放し、本来の付加価値の高い開発業務に集中していただくことです。

SERVICE

プリント基板試作開発

アート電子株式会社のプリント基板思索開発は、国内トップクラスの技術力。設計者全員が国家資格を保有し、
精度の高いサービスを実現します。
また、開発期間を短縮することでお客様の開発コストの削減を提供できます。


製品開発をサポートするハード・ソフト開発

アート電子株式会社では、プリント基板開発に必要なあらゆる技術(アナログ・高速デジタルのスペシャリストを擁する開発支援部隊)・情報(各システム機器ベンダーとの強力な連携)により、お客様のご要望に対し最短で最高のサービスをご提供します。

お客様の開発要求を確認し、社内でプリント基板・回路設計~パターン設計、実装を貫して対応を致します。
パターン設計では、シミュレーション設計によるノイズ対策をし、基板の板取、実装による生産技術力によるDR(デザインレビュー)を行い、技術面とコスト面を考慮した対応と提案を致します。

対応言語
Visual C++ / Visual Basic / Assembler(アセンブラ) / Verilog / VHDL

ノイズ対策のシミュレーション設計

EMC対策として、S-NAP PCB suite、DEMITAS ASNXによるシミュレーション設計。Hyper Lynx SI(Signal Integrity)によるシミュレーション解析を実施しております。回路設計からすべてを社内で行うため、プリント基板回路設計からパターン設計の連携がスムーズに行われ、早期段階での対策が可能です。
もちろん変更に対しても他社に真似できないクイックレスポンスを実現します。
また、シミュレーション解析による回路、部品選定の提案シミュレーションレポート提出も可能です。

対策の考え方(基本例)OP AMP

※下の画像をクリックすると拡大します
OP AMPの対策

対策の考え方(基本例)インターフェイス

※下の画像をクリックすると拡大します

パソコンの注意事項

※下の画像をクリックすると拡大します

ミアンダ配線について

※下の画像をクリックすると拡大します

クリーン度への取り組み

【クリーン度:クラス100,000以下 / 0.5u粉麈基準(2箇所測定平均)】
①フロー曹・・・クラス95,000
②マウンター係作業机前・・・クラス88,000
となります。クリーン度を安定させ、向上させるために、空気清浄機(AT-401)3台を導入し、年2回のメンテナンスを行なっています。
それに合わせ、ドアの開放厳禁、さらにリバマットで靴底のゴミを取り、外部からの異物を持ち込まないことで、フロア内のクリーン度をキープしています。また、製造エリア内へのダンボールの持ち込み禁止や、毎朝の掃除の徹底で、3年前(H18年11月)測定値により、200%クリーン度を実現できました。
今後さらに良い環境にしていくため、ペーパーレス化への取り組みを行なっていきます。

クリーン度とは?
1立方フィート中の空気に、粒径0.5uの麈や埃がいくつあるかを数値で表します。(単位 個/0.1cf )
(一般的に床面積約1.4mの位置で測定します。→アート電子もこの位置です。)
よって、数値が低ければ低いほど、その部屋の空気がクリーンということになります。
一般的には製造工場は、200,000~300,000クラスが良い方とのことです。
よって、100,000クラスは、車載量産実装会社と同等レベルとなり、ハイレベルな管理数値となります。

小ロット・多品種・短納期での試作開発実装

開発者様の要望にお応えするため、24時間体制でプリント基板の開発実装を行なっています。
製造エリア内は、クリーン度の管理を行いゴミ、ホコリが出ない環境を構築し品質管理の徹底をしています。
開発設計からの情報(DR)により、製造時の問題を早い段階でキャッチアップすることで、無駄な手戻りを回避し、尚且つ効果的に実装提案を致します。また、急な部品変更などにも柔軟に対応し、開発に遅れが出ないように対応をします。
お客様の手間を省き、いつでもご要望にお応えできる体制を構築します。


  • 社内在庫部品の提供(標準アイテム数3,000点以上)
  • 部品購入ルート(国内・海外)の充実により迅速な購入部品の手配
  • 0402角チップ実装対応 BGA CSP
  • BGA実装全てX線検査実施(それ以外のプリント基板もAOI検査実施)

  • ラッピング実装
  • フィリップチップ実装、ワイヤーボンディング

CADシステムサポート


CADシステムサポート

アート電子株式会社では、自社が活用しているプリント基板開発設計システムソフトの 販売と運用サポートをしています。自社で活用しているノウハウや情報をご提供し、効果的にトレーニングを行うことで、導入後最短で運用スタートを可能にしています。
加えて、プリント基板の設計経験が10年以上の設計スタッフがトレーナーとしてお客様のトレーニング担当しますので、設計者が習得する勘所を熟知したトレーナーが担当をすることでトレーニング効果が格段にアップします。


アフターフォローも充実

CAD導入後もユーザー会、プライベートセミナーなどを企画し、開発に関する知識、ノウハウ、技術情報等の提供を積極的に行なっています。
設計を取り巻く環境、技術の進化のスピードは更に加速しており、常に開発に関する情報収集やスキル向上のための時間は、プリント基板やパターン設計開発者の皆様にとって必須のニーズとなります。
お客様のニーズにお応えするべく、様々な企画をご用意させていただきます。

半導体の小型化、微細化、省電力化が進み、チップそのものの電磁耐性は低下しています。
こうした背景からも、効果的なノイズ対策が求められており、伝送路線に対するEMI・基板全体に対するEMCへの関心が高まっており、SI/PSのシミュレーションなどは必須となってきています。
また、大型のBGAなどのICへの実装品質のため、リフロー時の温度プロファイルのシミュレーションをパターン設計時に行い、実装後は近傍界測定による実機の検査を行える一気通貫のシステム環境のご提案ができるアイテムをご用意しています。単なるソフトベンダーではなく、社内でハード設計を行なっている弊社だからこそ、ご提案できるシステムです。
プリント基板に関するお問い合わせは右記事業所まで

電話受付時間 8:30~17:30(土・日・祝祭日を除く)
メールでのお問い合わせ・資料請求
各種資料ダウンロード